愛の神エロスの悲恋

「エロス」は性愛と生殖の神で、ラテン語ではアモールやクピードと呼ばれ、英語読みで「キューピッド」となります。キューピッドというと、羽の生えた幼い幼児をイメージしますが、もともと原初神である「エロス」は青年で、崇高で偉大な神です。ヒゲをはやした青年の場合もあれば、翼をもった男性の場合もありますが、子供ではありません。

ギリシア神話の変遷の中で、愛と美の女神アフロディーテの子どもとされ、次第に姿が幼児化されていき、キャラクターも子供ぽく、陽気で気まぐれなものに変わります。愛の神ですが、自分も恋をします。

いたずらで恋心をあやつるエロス

エロスは、しばしばいたずら心や、かんしゃくから矢を放ち、悲劇を作ってしまいます。エロスの放つ「黄金の矢」は人に恋心を植えつけ、鉛の矢は嫌悪の心にとらわれます。エロスは神々や人々の恋心を操る能力を持ち、そのおかげで、数々のドラマも起こります。

アポロンとダフネの悲恋もエロスの放った矢が起こしたものです。アポロンに矢をからかわれたエロスは、彼に黄金の矢を、ダフネに鉛の矢を放って、アポロンにダフネを追わせます。ダフネは逃げ回りますが、逃げ疲れて月桂樹に変わってしまいました。アポロンの恋は実らず、ダフネは樹として生きることになりました。

エロスの悲恋

エロスにも悲恋があります。ある国の王女にプシュケという絶世の美女がいました。ちまたでは、美の女神アフロディーテよりも美しいと囁かれています。それに怒ったアフロディーテは、エロスに命じて、プシュケを不幸な恋に陥れるように謀ります。

プシュケに矢を放とうとしたエロスは誤って自分の指を矢で傷つけてしまい、そのとたんにプシュケに恋をしてしまいます。毎晩プシュケのもとを訪ね、彼女の耳にささやきます。そのうち彼女は、神のお告げの夫がそこにいると感じるようになります。エロスは「決して自分の姿を見てはいけない」と彼女に伝え、毎晩寝室を訪れ交わります。

プシュケは自分の夫が誰なのか、どんな姿をしているのかを知らないまま、毎晩身を任せ、朝まで満ち足りた性愛に溺れます。しかし、そのうちどうしても姿を見たくなり、ある晩、とうとうランプを灯して夫の姿を見てしまいました。愛の神エロスの姿を認めたプシュケは驚いて、ランプの油をエロスの肩に垂らしてしまいます。やけどをおったエロスはそのまま消えてしまいました。

いたずら小僧として知られる愛の神「エロス」は、もともとはたくましい青年でした。人の恋心をもてあそんで、揉め事のタネを作りますが、自分でも失敗して悲しい恋をしたこともありました。