女性と牡牛が交わって生まれた怪物 ミノタウロス

ギリシャ神話に登場する怪物といえば有名なものにゴルゴーン三姉妹の1人、メデューサがいます。彼女のその姿は頭髪が蛇でイノシシの歯をもち、青銅の手黄金の翼を持っているといういかにも恐ろしい姿だったと言われています。しかし彼女は最初から怪物だったわけではなく、あることが理由で怪物に変えられたのです。
アテナの神殿で不倫!?
彼女はギリシャ神話の主神ゼウスの兄弟で海を支配するポセイドンの愛人でした。とても美しい少女だった彼女はポセイドンとアテナの神殿でセックスを行いました。するとそれを怒ったアテナは彼女を醜い怪物へと変えてしまったのです。ちなみに他の伝承では彼女は自分が他の神よりも美しいことを誇ったため怒りを買い怪物に変えられたと言われています。何れにせよ彼女は神の怒りを買ったことで恐ろしい姿の怪物に変えられました。この時に姉二人がアテナに抗議しますが彼女らも怪物に変えられてしまったと言われています。
ペルセウスの怪物退治
怪物となった彼女は恐ろしい能力を持っていました。それが有名な目を見たら石になる、という能力です。これはその恐ろしい姿に血が凍りつき石になるというものだとも言われています。ある時この怪物を倒すべくたった男がいました。それが後に英雄と言われるペルセウスです。彼の母親に恋慕した島の領主に邪魔者とみなされ怪物の首を取ってくるように命じられたのです。彼は見たものを石に変えるというメデューサに対抗すべく彼はアテナから磨かれた青銅の盾を手に入れ、メデューサを倒すための道具を持っているヘスペリデスのもとに向うためにメデューサとは別のゴルゴーンであるグライアイ三姉妹の元に行きます。秘密を教えない彼女らを脅してヘスペリデスの居場所を知ったペルセウスはヘスペリデスから翼のサンダル、袋、ハーデスの隠れ兜を手に入れます。そしてメデューサの元に行ったペルセウスは磨かれた盾を使って直接見ること無くメデューサの首を切り落としました。この時に彼女の姉妹が目を覚ましますが兜の力とサンダルでその場を切り抜けたのです。その後彼女の首はアテナに届けられアテナの盾であるアイギスの盾に取り付けられ最強の盾として使われました。
魔除けのデザインに
このエピソードに由来して古代ギリシャでは魔除けにメデューサの顔を書くようになりました。これはゴルゴネイオンと呼ばれるもので、いかにも恐ろしい形相で描かれています。イスタンブールに有るシスティン礼拝堂跡の柱の礎石には浮き彫りで表現されたゴルゴーンの顔が描かれています。このペルセウスの武勲にあやかって古代ギリシャの多くの軍人が自分の鎧や盾、武器にも描きました。マケドニアの王で東方遠征を行ったアレキサンダーの鎧にも見ることができます。この他にも衣装や皿、硬貨、家の玄関口に描かれたようで彼女の恐ろしさにあやかったものだと思われます。中世には来てほしくないお客を払うという意味で木彫りされたものもあります。トルコでは今でもこのメデューサの目をかたどったお守り、ナザール・ボンジュがお土産として有名です。

実は別の話だと元々メデューサは地中海地域の地母神、つまり女神様だったという話もあります。そちらの方では海の神、つまりギリシャ神話のポセイドンに当たる神とは夫婦だったようです。このように神話というものは地域によって姿かたちを変えていきます。