女性と牡牛が交わって生まれた怪物 ミノタウロス

ファンタジー小説やゲームなどの作品で登場する頭が牛の姿をした怪物にミノタウロスというものがあります。そんな怪物の誕生にはギリシア神話の神が関わっていいました。 /p>

神の怒りを買ったミノス王

怪物、ミノタウロスの出生はなんと牡牛と人間の女性がセックスして生まれたと伝わっています。ミノタウロスの母親はパーシパエーと言い、彼女はクレタ島の王ミノスの妻でした。ある時、ミノス王は自分が王になるために牡牛を海から送ってほしいと海神ポセイドンに祈ります。ポセイドンはそれに答える代わりに送った牡牛を生贄として返すことを条件に送りますが、贈られた牡牛を見たミノス王がその牛の美しさのあまりに返すことを躊躇い、結局別の牛をお繰り返しました。ポセイドンはこれに激怒し、呪いをかけたのです。 /p>

牡牛と人間の女性の子供!?

その呪いはミノス王の妻、パーシパエーが白い牡牛に欲情すると言うものでした。その呪いに悩んだパーシパエーは名工として有名なダイダロスに相談し、牝牛の模型を作ってもらい自分がその中に入って牡牛とセックスを行ったのです。この結果生まれたのが牛の頭に人間の体を持つ怪物、ミノタウロスです。彼は別名で「雷光」を意味するアステリオスと言いますが、その姿から「ミノス王の牛」という意味のミノタウロスと呼ばれることになります。彼は成長するに従って乱暴を働くようになり、手に負えなくなったミノス王がダイダロスに命じて迷宮を作らせ、そこに幽閉してしまいました。ミノス王は9年に一度、7人の少年と7人の少女を彼の食料として生贄にしていたと言われています。 /p>

テセウスのミノタウロス退治

生贄はミノス王の支配下にあったアテナイから送られていました。そのことに強い憤りを感じ、怪物退治に名乗り上げたのがテセウスです。彼は自ら生贄に名乗り上げると迷宮に侵入しました。その際にミノス王の娘でテセウスに恋したアリアドネーから毛糸のまりと短剣を怪物退治の助けとして受け取ります。テセウスは毛糸を入り口の扉に結び付けるとそのまま伸ばして先に進みました。そして迷宮の奥でミノタウロスと遭遇し、手にした短剣でミノタウロスを討ち果たしました。その後、伸ばしておいた毛糸を辿って脱出不可能と言われた迷宮を出ることができたのです。 /p>

現在も残るクレタ島のクノッソス宮殿と牛の関係

この伝説はかつてクレタ島で行われていた祭りが起源とも言われています。牛の仮面を被った祭司が踊り、周囲を何頭もの牛が駆け回ると言うもので中には牛たちの上を少年少女たちが飛び回るというものでした。この他にも実際に牛と人間が交わるという儀式もあったと言われています。ミノタウロスを幽閉した迷宮も現在クレタ島の遺跡、クノッソス宮殿にそのモデルとなる地下空間が見つかっています。これは1900年にイギリスの考古学者によって発見されたもので、遺跡の各所で牛の壁画が残されており、牛と深い関わりを感じさせます。

ちなみにミノタウロスは後にキリスト教の中でも登場します。13世紀のイタリアの詩人ダンテの書いた神曲では異端者の落ちる地獄で罪人を痛めつける存在として登場します。近世でも暴力と肉欲の象徴として描かれ、ゲルニカで有名なピカソは自分の旺盛な性欲に照らしわせる形でミノタウロスを描いています。