エディプス・コンプレックスの語源となったオイディプス

幼児期の男の子は、母親に対して近親相姦的な欲望を抱き、父親を憎む傾向にあると心理学者フロイトは考え、これを「エディプス・コンプレックス」と名づけました。この「エディプス」とはギリシア神話に登場する「オイディプス」のこと。父を殺し、母と交わりましたが、それは「エディプス・コンプレックス」のせいではありません。そこには、悲しい物語があります。


出生時の悲劇

オイディプスの父親はテーバイという国の王ライオス。神のお告げで、男子をつくってはいけない、と言われます。男子を産めば、いずれ父を殺すだろうから、という理由でした。そのため、妻とセックスをしませんでしたが、性欲がたまってしまいます。妻の方も、もんもんとします。あるとき、酒に酔った勢いで神のお告げを忘れて、妻と交わってしまいました。

すると、できた子供は男の子。神の言葉を思い出した王ライオスは、牧場番に子供をあずけ、山に捨てて殺すようにと命じます。しかし、牧場番はかわいらしい子供を不憫に思い、殺さずに旅の羊飼いに渡してしまいました。その羊飼いは自分の国に戻ると、子供のないお妃に男児を差し出し、お妃は「オイディプス」と名づけて自分の子として育てます。

ある日、大人になったオイディプスが神殿で祈っていると、神のお告げがあり「故郷には近づくな。父を殺し、母と交わることになる」聞かされます。驚いた彼は、自宅の王宮に戻ることができず、旅に出ました。神の告げた「父、母」が宮殿にいる両親のことではないと知らなかったからです。

偶然父を殺し、母と交わったオイディプス

旅に出たオイディプスが馬車を走らせていると、向こうから来た馬車とぶつかり激しい口論となります。相手がオイディプスの馬を殺してしまったので、怒った彼は相手の男性を殺してしまいました。実は、それは彼の実の父親であるライオネス王でした。

さらに、旅を続けたオイディプスは、テーバイの国にたどり着きます。そこは本来のオイディプスの故郷でしたが彼はそれを知りません。たまたまそこで、街にかけられた呪いをといて英雄となり、王を亡くしたばかりの后の夫になることになりました。亡くなった王というのは、自分が殺した男だということは、オイディプスは知りません。妃が自分の実母だということも知りません。何も知らない彼は、母親の夫となりテーバイの国王となります。

オイディプスは、自分の出生の秘密を知らずに育ったために、実の父親を殺し、実の母親と交わりました。エディプス・コンプレックスとは全く関係のない、悲劇です。